明石書店のwebマガジン

MENU

『スピノザ〈触発の思考〉』の世界

政治思想におけるスピノザの紹介から、シュトラウス、アドルノ、バーリン、ネグリ、シュミット、三木清といった各章の思想家を取り上げ、『スピノザ〈触発の思考〉』の一部分を再編集し、紹介します。

タグ

著者略歴

  1. 浅野 俊哉

    1962年生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。慶応義塾大学法学部を経て筑波大学大学院哲学・思想研究科単位取得満期退学。2004年より関東学院大学法学部教授。2005年より同大学大学院法学研究科教授。政治哲学・社会思想史。著書に『スピノザ――共同性のポリティクス』(洛北出版)、翻訳にM・ハート『ドゥルーズの哲学』(法政大学出版局、共訳)など。

関連書籍

閉じる