明石書店のwebマガジン

MENU

私とあなたのあいだ――この国で生きるということ

作家の温又柔さんと木村友祐さんは、2019年の2月以来、人と人のあいだ、人と動物のあいだ、国家と人のあいだなど、様々なものの「あいだ」に横たわるものをめぐって、毎月、書簡を交わしてきました。2020年3月より毎週火曜日、その内容を順次公開していきます。往復書簡は2020年秋に単行本化を予定しています。

*公開期間は終了いたしました。半年にわたりありがとうございました。ウェブでは第24便までを公開しておりましたが、第32便までを含めた完全版は10月末に書籍として刊行予定です。どうぞお楽しみに。

タグ

著者略歴

  1. 温又柔(おん・ゆうじゅう)

    1980年、台湾・台北市生まれ。3歳より東京在住。2009年、「好去好来歌」で第33回すばる文学賞佳作を受賞。両親はともに台湾人。創作は日本語で行う。著作に『真ん中の子どもたち』(集英社、2017年、芥川賞候補)、『台湾生まれ 日本語育ち』(白水社、2016年、日本エッセイストクラブ賞受賞、2018年に増補版刊行)、『「国語」から旅立って』(新曜社、2020年)など。

    撮影/朝岡英輔

  2. 木村友祐(きむら・ゆうすけ)

    1970年、青森県八戸市生まれ。2009年、『海猫ツリーハウス』で第33回すばる文学賞を受賞しデビュー。小説に『聖地Cs』(新潮社、2014年)、『イサの氾濫』(未來社、2016年)、『野良ビトたちの燃え上がる肖像』(新潮社、2016年)、『幸福な水夫』(未來社、2017年)、『幼な子の聖戦』(集英社、2020年、芥川賞候補)。

    撮影/尾島敦

閉じる