明石書店のwebマガジン

MENU

オックスフォード哲学者奇行

由緒正しき英国オックスフォード大学で在外研究中の児玉聡さんが、当地の写真も織りまぜつつ、オックスフォード哲学の知られざる一面を描きます。2019年8月より連載開始、月1回更新予定。

タグ

著者略歴

  1. 児玉 聡

    京都大学大学院文学研究科准教授
    1974年大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。博士(文学)。東京大学大学院医学系研究科で専任講師を務めた後、2012年から現職。現在、オックスフォード大学にて在外研究中。
    主な著書に『正義論』(共著、法律文化社、2019年)、『入門・倫理学』(共編、勁草書房、2018年)、『マンガで学ぶ生命倫理』(化学同人、2013年)、『功利主義入門』(筑摩書房、2012年)、『功利と直観』(勁草書房、2010年、日本倫理学会和辻賞受賞)など。

閉じる