明石書店のwebマガジン

MENU

イベントのお知らせ「正義の女神は何を裁くのか ―相模原殺傷事件から見た現代日本」

西角純志著『元職員による徹底検証 相模原障害者殺傷事件――裁判の記録・被告との対話・関係者の証言』刊行記念トークイベントが、10月24日に開催されます!オンライン配信+来場参加(人数制限有)となっております。詳細・申し込み方法は以下をご覧ください。

【正義の女神は何を裁くのか ―相模原殺傷事件から見た現代日本 トークイベント】
相模原殺傷事件から5年が経った。既に様々な著作や啓蒙書が公刊されているが、この事件の本質はどこにあるのだろうか。障害者差別や偏見にのみ目を向けるのではなく、現代社会の普遍的な問題として捉える必要があるのではないだろうか。
本書の特徴は、アウシュヴィッツの表象の限界を唱えた映画『ショアー』、アーレント『エルサレムのアイヒマン―悪の陳腐さについての報告』、およびカフカ『訴訟』などを参照し、現代社会に内在する生の選別を正当化する思考や制度・慣習に焦点を当てていることである。人間社会の根源にある「法」とは何か、そして法と「法外」なものとは如何なる関係にあるのか。現代思想を代表するベンヤミン、デリダ、アガンベンらが参照しているカフカの『掟の門』を手掛かりに考えてみたい。

【登壇者】
・西角純志(著者。専修大学講師(社会学・社会思想史)。津久井やまゆり園に2001年~05年に勤務)
・仲正昌樹(哲学者、思想史家。金沢大学教授)
・高橋順一(早稲田大学名誉教授・ドイツ・ヨーロッパ思想史)
・稲垣直人(朝日新聞)
・阿久沢悦子(司会/朝日新聞)

【開催要項】
共催:明石書店・読書人
日程:10月24日(日)13時開場、13時30分開始、16時終了予定
※トークと質疑応答は休憩を挟み2時間半を予定
会場:読書人隣り
(千代田区神田神保町1-3-5冨山房ビル6階)
03-5244-5975

お申し込みはこちらから→https://dokushojin.stores.jp/news/6164d5d8c120966ce973628a

タグ

著者略歴

  1. 西角 純志

    1965年山口県生まれ。専修大学講師(社会思想史)。津久井やまゆり園には2001年~05年に勤務し、事件の犠牲者19人のうち7人の生活支援を担当した。被告とは、2017年9月以降、手紙のやりとりをし、これまで10回以上接見している。著書に『移動する理論――ルカーチの思想』(御茶の水書房、2011年)、『開けられたパンドラの箱』(共著、創出版、2018年)などがある。

関連書籍

閉じる